読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悶々とします。

ジャニヲタ(主に関ジャニ∞の大倉忠義さん)のおばさんがアイドル好き過ぎて悶々としている気持ち悪い場所

ラジオの向こう側

昨晩遅れてらぢこをONしたら「ピ~~ロロ~~ピ~ロロ~~」という電子音が。
ナニコレ…と思ったら八重歯アイドルと中間王子がご飯炊いてた。
レコメンのブースで。
アホすぎて心底笑った。
中間王子が白米をあまり食さないという話から始まったことらしいけど、リアルにお米炊くかね、しかし(褒めてる)。
その後ラジオから聴こえてくる「音」が秀逸でね。
ひなたむが言う「ごはんにぶつける」って行為が始まったわけだけど、炊きたてで熱いのかホクホクとお米が口に運ばれていく音、用意されたたくあんをボリボリと噛み砕く音、気を利かせたスタッフ(マネ?)が持ってきたお味噌汁をすする音、お箸が茶碗にあたる音。
それを聞きながら「アホだなぁ、ラジオっていいなぁ」って。



以前レコメンで気まずい二人を仲良くしようという企画ですばるとりょたむを呼んで何するのかと思ったら全国ゾーンでツイスターゲーム始めたのもすごく笑った覚えがある。
「右足、緑」「左手、赤」と淡々と進む中、「これラジオでやって大丈夫?」っていう素朴な疑問が出てきたりして、笑ったなぁ。
あ、それと章ちゃんのムササビもね(すごく大事だけど自重)。




音しか聞こえないラジオでなにやってんのっていう面白さとともに、逆に音しか聞こえないから駆り立てられる脳内妄想の面白さってあると思う。
自分の脳内のラジオの向こう側。
電波に乗って聞こえてくる音や声の向こう側想像出来る面白さを、たくあん食してるひなたむのボリボリ音で改めて思った。
ヨコが愚痴言ってればいつものあの顔で愚痴ってるのかって思ってたし、全員集合した時のキーキー椅子が鳴ってるのを聞いては背もたれに体重かけてんのりょたむかなーとかとか。
あ、そう考えれば先日の忠義さん生誕祭のANNで高橋くんが大きな段ボールでヨギボー持って来た時は笑ったな。
どれくらい大きいかは高橋くんが説明してくれたんだけど、その説明よりも忠義さんの「これ人入ってるんじゃない!?」の悲鳴に近い疑心暗鬼で大きさがだいたいわかったっていう。




特段オチはないんだけどもね。
まぁその、ラジオでリスナーと繋がるのもいいんだけど、音で脳内を笑わせてくれる番組であれば文句も言わないんだけどね(特にANN)。
そこらへんやっぱり、スタッフさんの手腕にかかってますわよね。
笑えない素人と笑える素人の線引き
トシキくんや帯広の徹子はめっちゃわろたが、他は…。
もしも笑える素人見当らなかったら、ANNこそ、
お米を炊くべき!!





(´-`).。oO(ワシ文字を大きくするのが得意じゃなくてのぉ。アレかい、心の叫びが激しいところの文字を大きくすればええんかのぉ…)